川崎市 任意整理 弁護士 司法書士

川崎市在住の方が借金・債務整理の相談をするならこちら!

借金の利子が高い

借金の金額が多くなりすぎて返済がつらい…。
借金を複数抱えているので、債務整理したい…。
もしそう思うなら、すぐに司法書士や弁護士に相談しましょう。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、督促がストップしたり、返済金が減額したり、などというさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。
昨今ではネットで無料相談を受け付けてくれる法務事務所や法律事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、川崎市にも対応している、おすすめの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
また、川崎市にある法律事務所や法務事務所も紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、一人で解決するのは難しいものです。
司法書士や弁護士の知識や知恵を借り、解決策を見つけましょう!

借金や任意整理の相談を川崎市に住んでいる人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川崎市の債務や借金返済解決の相談なら、ここがオススメです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いの対応も可能です。
相談料金ももちろん0円!
借金督促のSTOPもできます。
過払い金、自己破産、任意整理、個人再生、など、借金や債務の問題について無料相談することができます。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、過払いや借金の問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに適した方法で多重債務・借金の問題を解決していきます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻した過払い金から費用を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないので、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

川崎市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするなら、まずコレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金の診断ツールです。
とても簡単な質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国対応のサービスなので、川崎市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談と診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の川崎市近くにある法務事務所や法律事務所を紹介

川崎市には複数の司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●K&S司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-18 井口ビル1階
044-222-3210
http://ks-shihou.jp

●神奈川法務事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目29
044-739-5567
http://kanahoh.co.jp

●司法書士川崎リーガルオフィス
神奈川県川崎市川崎区宮本町2-27
044-201-6836
http://kawasaki-legal.com

●小山稀世・小山明子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-15
044-211-2811
http://koyamaoffice.com

●関根事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-3
044-844-6400
http://law-japan.com

●司法書士小串事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目8-1 シャンボール川崎砂子702
0120-313-442
http://saimuseiri-ogushi.com

●槙尾三也子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-19 TKビル 2F
044-233-5103
http://netyou.jp

●後迫司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8 ニッコービル 2F
044-233-8763
http://ushirosako-office.com

●吉岡司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-2 小島ビル2F
044-221-5485
http://y-shihou.com

●溝淵司法綜合事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-20 三井生命ビル 6F
044-711-3431
http://mizobuchi.com

川崎市にある地元の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談などの方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

借金返済問題に川崎市で参っている状態

借金がふくらんで返済できなくなる理由は、たいてい浪費とギャンブルです。
競馬やパチスロなどの依存性のある賭け事に夢中になってしまい、借金をしてでもやってしまう。
気が付けば借金はどんどん多くなり、完済できない額になってしまう。
あるいは、ローンやキャッシングなどでブランド物や高級品を大量に買い続け、借金も増え続ける。
カメラや模型など、金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、「浪費」といえるでしょう。
自分の責任で借りた借金は、返す必要があります。
しかしながら、高い金利もあって、完済するのは難しくて困っている。
そんな時に頼みの綱になるのが、債務整理です。
司法書士・弁護士に相談して、借金問題の解決に最良の策を探ってみましょう。

川崎市/債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめ?|任意整理

債務整理とは、借金の返金ができなくなった場合に借金を整理して問題から逃れられる法的なやり方です。債務整理には、民事再生、過払い金、任意整理、自己破産の4種類の手段があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債権者と債務者が直に交渉をして、利息や毎月の返金を少なくするやり方です。これは、利息制限法、出資法の二種類の法律の上限金利が違ってる点から、大幅に減らす事が出来るのです。話合いは、個人でもする事が出来ますが、普通は弁護士の先生に依頼します。豊かな経験を持つ弁護士の先生ならば依頼した時点で困難は解決すると言っても大げさではありません。
民事再生は、今の情況を裁判所に認知してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に少なくしてもらう仕組みです。この際も弁護士さんに頼んだら申し立て迄することができるから、債務者の負担は軽減されます。
自己破産は、民事再生または任意整理でも払えない高額な借金がある時に、地方裁判所に申し立てて借金を帳消しとしてもらうルールです。このようなときも弁護士の先生に相談すれば、手続も順調で間違いがありません。
過払い金は、本来なら返金する必要がないのに貸金業者に払い過ぎた金の事で、司法書士又は弁護士に頼むのが一般的なのです。
こうして、債務整理はあなたに適合した手法を選択すれば、借金の悩みしかない日々を脱することができ、再スタートをする事もできます。弁護士事務所によって、借金又は債務整理について無料相談を受け付けてる場合も在りますので、まずは、尋ねてみたらいかがでしょうか。

川崎市|自己破産のリスクって?/任意整理

はっきり言えば世間一般で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないです。高価な車・土地・マイホーム等高価なものは処分されるのですが、生きていくうえで要るものは処分されません。
また二十万円以下の蓄えは持っていて大丈夫なのです。それと当面数カ月分の生活するために必要な費用100万未満なら持って行かれる事はないです。
官報に破産者の名簿として記載されるのですがこれも特定の人しか見てません。
また世にいうブラック・リストに記載されしまい七年間位の間はローンやキャッシングが使用不可能な情況になるのですが、これは仕様が無いことでしょう。
あと一定の職に就職出来ないことも有ります。しかしながらこれもわずかな限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返金する事が出来ない借金を抱えこんでいるのなら自己破産を実行すると言うのも一つの進め方でしょう。自己破産を実行した場合これまでの借金がすべて無くなり、新規に人生をスタートすると言う事で利点の方がより大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士・公認会計士・司法書士・弁護士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として遺言執行者や後見人や保証人にもなれないのです。また会社の取締役などにもなれないです。しかしながらこれらのリスクはさほど関係が無い時が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物では無いはずです。

関連するページの紹介です