横浜市 任意整理 弁護士 司法書士

横浜市に住んでいる方が借金・債務の相談するならここ!

多重債務の悩み

借金が多くなりすぎて返済が苦しい…。
多重債務を抱えているので、債務整理で解決したい…。
もしもそう思っているなら、すぐに司法書士・弁護士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、月々の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、など色々なメリットを受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談できる法務事務所・法律事務所も複数あります。
ここでは、横浜市に対応している、おすすめの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
また、横浜市の地元にある他の法務事務所や法律事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にしてみてください。
借金問題は、一人で解決するのは難しいものです。
司法書士・弁護士の知識・知恵を借り、解決の道を探しましょう!

横浜市在住の人が任意整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、ここがお勧めです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いの対応も可能です。
相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップすることも可能です。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、債務・借金の悩みについて無料相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、借金問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で借金問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から費用を精算できます。
任意整理においても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

横浜市に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネット上の借金解決のための診断ツール。
とても簡単な質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも、匿名で、無料で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、横浜市在住の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



横浜市周辺の他の法律事務所・法務事務所の紹介

横浜市には複数の司法書士や弁護士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

横浜市にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

多重債務に横浜市で困っている状況

いろいろな人や金融業者から借金した状態を「多重債務」といいます。
あっちからもこっちからもお金を借りて、返済先も借り入れ金額も増えた状態です。
キャッシング業者で限界まで借りたので、別の消費者金融でお金を借りる。
クレジットカードのキャッシングやリボ払いを限界までして、クレジットカードをたくさん作ったり。
多重債務の状況にまでいった方は、だいたいはもう借金返済が困難な状況になってしまっています。
もう、どうあがいても借金が返せない、という状態です。
おまけに利子も高利。
どうしようもない、手詰まりだ、と思ったら、法務事務所や法律事務所に相談してみましょう。
司法書士・弁護士に相談し、今の自分の状態を説明し、解決策を提案してもらいましょう。
借金問題は、司法書士や弁護士知恵・知識を頼るのが得策ではないでしょうか。

横浜市/債務整理のデメリットって?|任意整理

債務整理にも色々な手法があって、任意で闇金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を通じた法的整理である自己破産、個人再生というジャンルがあります。
それでは、これらの手続について債務整理のデメリットがあるでしょうか。
これ等3つの手法に共通していえる債務整理のデメリットは、信用情報にその手続きを行ったことが載ってしまうということですね。いわばブラック・リストという状況になります。
そうすると、大体5年から7年くらいは、ローンカードがつくれなくなったり借り入れができなくなるのです。だけど、貴方は支払額に苦難してこの手続きを実施する訳なので、もう暫くの間は借金しない方が良いのじゃないでしょうか。
クレジットカードに依存している人は、逆に言えば借入が出来ない状態なる事によってできなくなる事によって救われるのではないかと思います。
次に個人再生または自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれ等の手続をやった事実が載ってしまうという事が上げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報など見たことが有りますか。むしろ、「官報って何」といった方の方が多数いるのじゃないでしょうか。
実際、官報は国が作るする新聞みたいな物ですけれど、消費者金融等の特定の方しか見てないのです。ですので、「破産の実情が周りの方に知れ渡った」等という心配はまず絶対にないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理のデメリットですが、1度自己破産すると7年間は再び破産は出来ません。これは十二分に注意して、2度と破産しなくても大丈夫なようにしましょう。

横浜市|自己破産のリスクってどんなもの?/任意整理

率直に言えば世間一般で言われている程自己破産のリスクは少ないです。土地・高価な車・マイホーム等高価なものは処分されますが、生活していくなかで必要なものは処分されないのです。
又二十万円以下の預金は持っていても大丈夫です。それと当面数箇月分の生活するために必要な費用一〇〇万未満なら没収されることは無いのです。
官報に破産者の名簿として掲載されますがこれも極一定の方しか見てないでしょう。
また俗に言うブラック・リストに掲載され7年間ほどはローン・キャッシングが使用できない状況になるのですが、これは仕方無い事なのです。
あと決められた職に就職出来ないと言う事があるでしょう。しかしながらこれも特定の限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返す事が不可能な借金を抱えこんでいるのならば自己破産を進めると言うのもひとつの手法なのです。自己破産をすればこれまでの借金が全くなくなり、心機一転人生を始められると言う事でよい点の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士・公認会計士・司法書士・税理士等の資格は停止されるのです。私法上の資格制限として保証人、後見人、遺言執行者にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれないのです。しかしこれらのリスクはおおよそ関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きな物ではない筈です。

関連ページの紹介